新宿・渋谷からもアクセス良好 | 心療内科・精神科および神経内科のクリニック
お問い合わせ

仕事の休み方・職場復帰のしかた

  心身の調子が悪い時に、仕事を継続しながら相談や治療を進めることもありますが、時には仕事をしばらく休まなければいけいけないような事態になることもあります。

  例えばうつ病・うつ状態の場合には、抗うつ薬の効果が表れてくるまでに2週間ほどの時間がかかるため、症状が軽減して普通の生活に戻れるまでしばらく時間がかかります。さらに、症状が軽快した後で、職場復帰訓練として徐々に仕事に慣れるよう練習していくことも有効な選択肢になります。

 また適応障害の場合には、仕事を休むと比較的急速に症状が回復していくことが多くみられます。そのため、仕事を休んでいる間に必要なことは、症状を軽くしたり仕事に慣れたりするというよりは、どのようにしたら降りかかってくるストレスに対応できるかについての相談が中心となります。

  いずれにせよ、初めの段階よりも状態が少し良くなったからということではなく、自分の最善の調子を取り戻して復職をすると考えていくのが良いと言えます。このような場合に焦って復職をすると、それによって精神症状が再燃することも多く、二度目の自宅療法を余儀なくされることも、少なくないからです。個人にとっても職場にとっても、最善の調子を取り戻して仕事に復帰をしていくことが一番良いと言えるでしょう。

  まずはいかに最善の調子を取り戻していくかについて、主治医と十分相談をし、治療や職場復帰についての道筋について計画を作る必要があります。この時に、職場や上司の意向をまず優先するのではなく、治療や職場復帰について、医学的にみても妥当な見通しを主治医と十分に話し合うところから始めていく必要があります。

  職場復帰を順調に行っていくためには、まず普段の生活が普通に戻っていなければいけません。朝起きられない、日中疲れやすく横にならないといられない、昼寝をしないと疲れを回復できない、外出するとすぐに疲れてしまう等の症状がまだ残っている場合には、職場復帰は時期尚早です。また自分の気力や体力が、ベストの自分の調子の7-8割程度まで回復すると、職場復帰に手が届くようになる時期と言えるかも知れません。

  職場復帰のしかたは、自宅療養で休んでいた期間が比較的短い場合には、いきなりフルタイムの仕事に復帰することも可能な場合もあります。しかし数か月以上休んでいた場合には、正式に職場復帰をする前に、休みを利用して職場復帰訓練を行うことが多くなります。つまり、勤務上は休み(病気休暇あるいは休職等)の状態になりますが、職場に挨拶に行く、職場に通う練習をする、職場に短時間いる訓練をする、職場にいる時間を徐々に延ばす等の練習を、職場側と相談しながら行っていきます。

  どのような職場復帰訓練が適しているかは、その人によって違ってきます。したがって、自分自身に合っていると感じられる復帰計画を作っていくのがよいでしょう。職場復帰訓練の計画ですが、職場側で段階的(週単位等)に職場にいる時間や仕事量を増やしていくような計画を作成する場合もありますが、特に計画が提示されない場合もあります。後者の場合には、主治医と相談しながら自分なりに復帰計画を作ってみて職場側に示しながら訓練を進めるのも一つの方法と言えます。いずれにせよ、自分がこうしたいという希望や意向を職場側に率直に伝えていく必要があります。自分の希望や意向をきちんと表現せず、納得できない気持ちを抱えたまま職場の意向に無理に合わせるような職場復帰訓練では、訓練段階からストレスが不必要にかかってしまうことになります。

  職場復帰訓練を実際に行っていく際には、やってみて予想外に負担がかかり無理だと感じた場合、反対にやってみたら予想外に調子よくこなせて物足りない場合など、訓練の途中で柔軟に予定を変更していくのがよいと考えます。なぜなら、復帰訓練をちゃんとこなすことが目的ではなく、復帰訓練はあくまでも職場復帰のための手段だからです。復帰訓練で疲れたら休んでも構いません。復帰訓練のスピードをゆっくりにしたり早めたり微調整をしながら、復帰訓練をうまく使っていくことができるとよいように思います。そのあたりのセルフ・コントロールの練習は、実際に職場復帰をした後も役に立ちます。

  また職場に産業医がいる場合には、主治医とは少し違った判断がなされることもあります。その場合も主治医と産業医の両方とよく相談を重ねながら、復帰訓練を進めていくのがよいでしょう。

  また正式な復帰訓練とは異なりますが、自分一人で、職場に通勤する練習をする、半日図書館等に行って何かを読んだり作業をしたり練習をする、それができたら午前・午後とどこかに通う練習をする(図書館・運動ができる施設など)等も、有効な方法のひとつです。職場に慣れる練習にはならないものの、自分なりにどこまでできるか調子を確認したり、日々練習することが心身両面のリズム作りをしたりする上で、効果があります。  職場復帰には様々な道筋があり得ますが、主治医とよく相談しながら自分に一番合った方法を選んでいけると良いと考えます。

(中 康)

適応障害からの回復

  適応障害とは、何かショックなことが起こった結果、仕事に行くことができなくなるような心の状態を意味します。職場のこととして言えば、仕事で接する人とのトラブル、上司や同僚とのトラブルなどがあり得ます。

  精神症状としては、不眠・うつ症状・身体症状・出勤困難などが起きることがありますが、比較的急に出現してその内容も移り変わりやすい傾向があります。うつ症状を呈することもありますが、典型的な症状が出揃わないことも多く、仕事を休むことによって比較的症状が軽減しやすいあたりは、うつ病とは違う点です。

  治療や対応としては、まずは仕事を休んで、ストレスから距離をとる必要があります。そして精神症状は、休むことによって消失していくことが多く見られます。薬物療法は必要に応じて行いますが、初めは薬物療法を必要としても、仕事を休んで休養する中で薬物療法の必要性も薄れていくことが多くみられます。したがって、継続的な薬物療法が必須というわけではありません。

  自宅療養期間中に精神症状が全くない状態になることが少なくありません。そのため、リハビリテーションの焦点は、精神症状を軽減することにあるのではなく、復職後にありうるストレスについて、いかに対応していくかにかかってきます。したがって、職場復帰をしていくためには、休職前と同じようなストレス状況に陥ることは回避しなくてはいけないので、自宅療養をしている間に、勤務先の上司などとの話し合いが決定的に重要となってきます。職場で起きているストレス状況について、職場の管理職が、トラブルの相手への働きかけ・職務内容の変更・異動等について、配慮をして対応するかが大きいと言えるでしょう。原則的には、職場復帰に際しては職場を異動しない方が適応しやすいと言われていますが、職場でのストレスが個人の限界を越えるようなものである場合は、異動も選択肢の中にはいってきます。復帰に関する話し合いの中で、まずは自分の率直な希望を職場側に伝えていくことが、とても大事なことになります。そのような話し合いで十分な理解が得られない場合には、復職に関する主治医の意見を職場に伝えていくことも一つの選択肢になります。

  職場復帰のタイミングも、例えばうつ病であれば、本人の症状が回復してきた段階で、復帰の方法やリハビリテーションのしかたについて検討することができます。しかし適応障害の場合には、御本人の職場復帰に向けての心の準備と、職場との話し合いいかんによって、期間の長短がでてくるということが起きます。場合によっては、職場の異動が可能な時期を狙って職場復帰を計画する、という形になることもあります。  初台クリニックでは、このような職場復帰の問題について、ご本人と一緒に、どのような職場復帰の形がよいのか相談を重ね、また必要に応じて職場側とのやりとりについても相談や助言を行ったりしながら職場復帰をサポートしていきますので、御相談ください。

(中 康)

うつ病・うつ状態からの回復

  うつ病とは、精神的な慢性疲労状態を意味します。普通の疲労状態であれば、休養をとったりすることで自然回復をしていくものですが、ある程度以上に疲労が蓄積すると、自力で回復することが困難となり、それがうつ病と呼ばれています。年令を問わず非常に多くみられるみので、多くの方が治療や相談にみえます。

  症状としては、不眠や食欲低下が起き、早朝から午前にかけての時間帯は調子が悪く、起床が困難で、何かをしようとする意欲が湧かず、動こうと思っても体が動きません。気分は沈んだり落ち込んだりしていることが多くなり、考えは悲観的な方向にいきやすく、死んだ方が楽じゃないか・死にたい等の希死念慮を抱くことも少なくありません。集中力や注意力は低下し、頭の中で考えがまとまらず、いつまでもグルグルと同じようなことを考え、仕事をしてもミスが目立つようになってきます。人と話すのも、動くのも、外出するのも億劫になり、家にこもりがちになり、起きることさえ困難になり横になって過ごすことが増えてきます。そのような生活の中で、うつの程度が進むと、体重減少が目立つようになることもあります。

  うつは基本的には精神的な疲れなのですが、その症状は、頭痛・胸痛・目の痛み・腰痛・足の倦怠感その他の体の症状として出ることも非常に多くなります。このため、多くのうつ病の方が、初めは心療内科や精神科ではなく、内科・婦人科・整形外科・脳神経外科その他の科を受診されます。しかし受診しても、特に異常は見当たらないということで、後から心療内科・精神科を紹介され受診することになります。

  成人の方のうつ病の治療は、まずは薬物療法によって症状を和らげるところから始まります。たまり過ぎた蓄積疲労は、自然回復が難しく、蓄積疲労を緩和して気力や体力を回復する抗うつ薬、十分な睡眠をとることを助ける睡眠導入剤、気分を穏やかに落ち着ける抗不安薬などを組み合わせることによって、次第に軽快していきます。うつ症状が強い時は、無理に動こうとするのではなく、気力・体力が次第に回復してくるのを待つ必要があります。このような時期に、無理に動こうとしたり、動く訓練をしようとしたりすると、かえって蓄積疲労が増し、うつ症状が悪化することが珍しくありません。うつ症状の回復には、数か月程度時間がかかることが少なくありません。うつ症状が軽いうちに治療を始めれば、仕事を継続しながら治療を行っていくことが可能です。しかし、仕事に出ることが困難な場合には、主治医と十分相談の上、職場に自宅療養が必要との診断書を提出して、しっかり休養をとる必要があることもあります。

  うつ症状が回復にさしかかると、自分では調子がよく動ける感じがしてくるため、それまではやらなかったような行動(外出・家事など)を試みるようになります。しかし動いて翌日にはダウンして寝込んでしまうようなことも起きます。これは、うつ病の回復期によくみられることですので、心配する必要はなく、エネルギーの予備力が増してくるのを待つのが良いでしょう。そのような時には、ダウンして動けなくなることがないよう、日々の生活でやることを無理のない範囲にとどめるようなセルフ・コントロールが大事となります。治療の第二段階のポイントは、そのように、自分自身の限界を越えないように生活の工夫をしていくことにあります。

  しばしば議論になるのが、少し調子が良くなった時に、仕事に復帰するかどうかです。仕事を続けられだけ回復していれば、復帰も可能なのですが、少し良くなったからといって焦って職場復帰を急ぐと、蓄積疲労が悪化して再度休まざるを得なくなることもあるので、注意が必要です。

  毎日の生活が、昼寝や横になっていることがなくなり、外出もできるようになり、普段の生活と大差なくなってくるようになれば、職場復帰も可能となります。職場復帰に際しては、必要な場合には、自宅療養期間中に少しずつ職場に出ることを慣らしていくような職場復帰訓練を選択することも良い方法です。

  普通の生活に戻れた後でも、抗うつ薬は再発予防のためにしばらくは継続して服薬することが必要となります。生活が軌道にのってくるようであれば、主治医ともよく相談の上で、薬を徐々に減らし、やめていくことについての相談が可能となります。但し、自分の限界を越えないようにストレスを調整するようなセルフ・コントロールは継続して必要となりますし、それをうまくやることができるようになれば、うつ病の再発を予防することにもつながっていきます。

  なお、うつ症状が出ている場合でも、それがその人の抱えている心の悩みに密接に結びついている場合には、薬物療法ではなく、相談や心理療法が治療の中心となることもあります。

  また、10代の思春期・青年期にある方の場合には、うつ病のような症状が出ていても、薬物療法中心ではなく、親離れをして友人と自信をもって関われるようになる方向での相談が治療の中心になっていきます。

  うつ的な症状があると思った場合には、早めの相談をお勧めします。

(中 康)

不眠について

 不眠は、日中の様々なストレスや精神的な疲労が蓄積された結果、夜になって眠れないという形をとり、そのため日中の調子も悪くなる状態を言います。日中疲れたことでよく眠れるということもありますが、日中の疲労が強い場合にはかえって不眠になることもあります。

 不眠には、「入眠困難」「中途覚醒」「早朝覚醒」などがあります。「入眠困難」の場合には、なかなか眠りにはいることができません。「中途覚醒」の場合は、寝つきは悪くなくても、夜中から明け方にかけて何度も目が醒め、眠りが浅く夢を見ることが多く、眠った実感が得られないことがあります。「早朝覚醒」の場合には、朝早く目が醒めてしまい、十分に眠れた感覚は得られません。

 不眠には、なかなか寝つくことができなくなる「入眠困難」と、寝つきは悪くなくても途中で目が醒めてしまう「夜間覚醒」「早朝覚醒」などがあります。後者の場合は、夜中から明け方にかけて目が覚めてしまいますが、何度も目がさめたり、また眠っても眠りが浅く夢を見ること多かったりして、眠ったという実感が得られないこともあります。

 一時的に眠れなくなっても、自然経過の中で、あるいは生活の仕方を少し変えることによって、また眠れるようになれば一番よいのですが、不眠が長く続く場合には、睡眠導入剤を飲んだ方がよいことがあります。

 睡眠導入剤には、短時間作用型・中間型・長時間作用型と、作用時間の長さによって種類が分かれます。薬を内服する場合に、この薬は強い薬なのかどうかということが気になるかも知れませんが、睡眠導入剤の場合には、作用時間が重要な点となります。また、薬の量はなるべく少量がよいですし、眠れるようになってくれば、延々と睡眠導入剤を飲み続けるよりは、どこかで減薬の工夫をしていきたいものです。その人の不眠に合った薬を選択することが大事で、薬が合わない場合には、日中になっても眠気が残る・ふらつく・転倒する等の副作用が出ることがあります。

一方、眠れなくなる原因としてストレスがあるのであれば、そのストレスを減らしたり、あるいはそのストレスをなくすことは難しいにしても、ストレス発散法を生活の中で工夫をしたりすることができるとよいと考えます。そのような工夫ができるなら、薬を徐々に減らしていくことにつながっていきますし、不眠の軽減にも役立ちます。(コラム「ストレスとの付き合い方」を参考にしてください。)

一方、上記のような一般的なストレス対策とは別な方法を考える必要がある場合もあります。

例えば、うつ病・うつ状態の場合には、様々なうつ症状の一環として不眠もみられるようになります。うつ病・うつ状態の場合は、夜間覚醒や早朝覚醒が多いので睡眠導入剤を飲んだ方がよいことが多いのですが、それと合わせて、蓄積疲労を軽減して気力・体力を回復する目的で抗うつ薬も合わせて内服する必要が出てきます。抗うつ薬をうまく使うことによって、睡眠もよりとりやすくなっていきます。

また、高齢の方の場合には、体の手術を受けた後・発熱した時・風邪をひいた時など体(脳)に負荷が加わっている時に、夜間に幻視が出現して動き回るのですが、翌朝にはあまり覚えていないというようなタイプの不眠が出現することがあります。この場合には、全身状態を回復させるための治療を受けつつ、抗精神病薬(安定剤の一種)を少量内服することで、よく眠れる状態にもっていくことが十分可能です。

一方、双極性障害(躁うつ病)や統合失調症のような場合にも、それぞれ気分安定薬や抗精神病薬など、ベースにある病気を安定させていく薬を併用していくことが、不眠の解決のためには欠かせません。

 不眠の際に、悩み事が深く関係し、それについてなかなか良い解決の方法を見つけることができない場合、過去のできごとの影響もあって起きている場合などには、薬物療法中心ではなく、悩んでいることの相談をしていくことが不眠の軽減につながることもあります。  以上のように、不眠には様々な要因が関係し、様々な対応方法があります。もし不眠に悩まれている方がいらっしゃいましたら、当クリニックに御相談いただければと思います。

(中 康)

ストレスといかにつきあうか

  一口にストレスと言っても様々なストレスがあります。ストレスは少ない方がよいと誰もが願っていますが、この世で生きていく上でストレスがないということはあり得ないという現実も、実は私たち誰もが知っていることでもあります。

  ストレス解消法については、なるべくたくさんあった方がよいでしょう。ゆっくり休養できる時間が必要でしょうし、適度な運動はイライラを吹き飛ばし気分をすっきりさせてくれます。時においしいものを食べることも気分転換になるでしょうし、自分が飽きずに打ち込めるような趣味があるとよいでしょう。そしてそのようなストレス解消法は、その人なりの自分に合ったやり方がある筈です。

  ただその時に一つ大切なことは、受け身的にくつろいでいるだけよりも、能動的に何かに取り組んだ方がストレス発散のためには良いということです。他のことは忘れて打ち込める趣味があると、かなりよい気分転換になります。

人間、一つのチャンネルだけで生きていると、そこが行き詰まった時に折れやすいということがあるかと思います。複数のことに関心をもち、複数の人生を心の中で生きることができれば、その方が打たれ強いということになるでしょう。

自分が行き詰まっている時に、誰かに悩みを聞いてもらったり相談したりすることもよい対処方法となります。そういう相談相手がいるかどうか、職場のことについては職場に中に相談相手がいるかどうかが大事になってきます。

またそのような時に、家庭内と職場の両方で大きなストレスが生じると、心の負担はさらに大きくなります。そのような時には、それぞれのストレス軽減策が必要となります。

ただそこで、ふりかかってくるストレスを回避する・軽減するという考えだけでは立ち行かなくなることが少なくないことでしょう。どうしても避けられないストレスに対しては、何らかの方法で立ち向かっていかないといけないことがしばしばあります。ストレス状況に対する自分なりの立ち向かい方を見定めて、それを実行することができようになれば、ストレスの程度も少しは減ろうというものです。

一方で、ストレスと言っても中身は様々で、ストレスと名の付くものを全部一緒くたにして解消することが難しいという状況も、よく起きてきます。例えば、人生の節目の変化に際してのストレス(進学、就職、結婚、出産、転居、転勤、子どもの成人や結婚、離婚、更年期、退職など)、仕事の業務内容に伴うストレス、職場の対人関係のストレス、夫婦や恋人同士の間のストレス、親子関係からくるストレスなど、質も成り立ちも全く違うストレスがあります。このような場合には、十把一絡げにしてストレス対策を考えるのではなく、それぞれのストレスを一つ一つばらばらにして、別個の対応策が必要となってきます。しかし、一つでも出口が見えてくれば、気分的にも希望が見え、よい方向に向かうということも起きてきます。

またストレスがある時に、心の中で悩むというよりは、体に様々な症状が出てくることもあります。そのような時には、自分がストレスを強く受けていることを十分把握できなくなっていることもあります。そのような時には、自分にストレスがある・疲れていることに気づけるようになるということ、言葉を変えると自分の心の声に気づけるようになることが大事と言えるでしょう。

以上のような考え方や対策を自分の状況に合わせて組み合わせて対応していくのが、その人に合ったストレス対策になっていくのではないでしょうか。当クリニックでは、身体面・精神面の不調を改善する治療に加えて、ストレス対策の相談にも応じていますので、是非ご活用ください。

(中 康)


診療時間

時間
9:30〜12:30 - - -
13:30〜18:30 -

★☆
- -

◯心療内科・精神科
★神経内科(15:00~18:30) 
☆漢方カウンセリング(15:00~18:30)

2019年4月1日から、毎週水曜が休診日となりました。

ご予約

・初台クリニックの診察は保険診療です。
・予約を取ってからお越しください。
・当日は、保険証をお持ちのうえ、予約時間までにお越しください。
・お薬手帳や、精神障害者保健福祉手帳、紹介状をお持ちの方は
 一緒にお持ちください。
・診療は原則的に保険診療となりますが、予約料が必要な場合もあります。

Copyright© 初台クリニック All Rights Reserved.